心を癒すお花について

四季のある国に暮らしていると、季節ごとに、その姿かたちや色、香りで、私たちを楽しませ、元気

づけ、癒してくれる草花たちとの出会いに恵まれます。

これは、そんな草花をこよなく愛する私がお届けするメッセージです。

*母の愛した花 勿忘草(ワスレナグサ)

美しいブルーの可憐な花、ワスレナグサも私の好きな花のひとつです。

欧米では、昔から友愛や誠実のシンボルとして広く親しまれていますが、英語で『forget-me-not』

と呼ばれるこの花の名は、中世ドイツの悲恋伝説に因むものです。

花言葉が「真実の愛」、「私を忘れないで下さい」、「思い出」などとなっているのもそのためでしょう。

004.JPG

私の母も花が大好きな人でした。

それも、豪華というよりは清楚で可憐な花が好きだったように思います。

勿忘草もそんな母の愛した花のひとつです。

不思議なもので、亡くなった人との思い出は、時がたてばたつほど楽しかったこと、美しいもの

しか浮かんでこないもの…。

勿忘草の花が呼び起こすのは、幼い日の穏やかな春の陽だまりの風景と、母の優しい横顔…。

勿忘草.JPG

手入れをしながら「綺麗に咲いたね…。」 と話しかけると、春の柔らかな風に吹かれ、小さな

ブルーの花が小さく揺れました。

それは私には、母が「そうね…。」とうなずいてくれたように思えました。


Featured Posts
Recent Posts