心を癒すお花について

四季のある国に暮らしていると、季節ごとに、その姿かたちや色、香りで、私たちを楽しませ、元気

づけ、癒してくれる草花たちとの出会いに恵まれます。

これは、そんな草花をこよなく愛する私がお届けするメッセージです。

ひっそりと咲く花  菫(スミレ)

我家の庭での、芝生や他の草花のかげのそこここに、ひっそりと咲くスミレの花

うっかりしていると踏みつけてしまいそうなその花姿は、あくまでも控えめで奥ゆかしい…。

そして、ハート 型をぐーーんと引き延ばしたような葉っぱも可愛い

西洋では、バラ・ユリ・スミレは聖母に捧げられる花として、多くの花の中で特別に扱われています。

それは、バラは「美」、ユリは「威厳」、スミレは「謙虚」と「誠実」を表し、この3つを兼ね備えた人が、

理想の女性とされるから…だそうです。

かのナポレオン1世も大のスミレ好きで、妻ジョセフィーヌの誕生日にはこの花を送っていたそう

035.JPG

さて、“ スミレの花 ” と聞くと…やはり…

スミレのは~な~ さ~くころ~~・・・♪〟という宝塚歌劇団の歌を思い出す~♪

という方も少なくないのではないでしょうか。

この歌の原曲はシャンソンの 『 白いリラの咲く頃 』 ♪ (さらにその原曲もあるのですが…)

宝塚歌劇団の演出家 白井鐡造 さんが、パリに滞在していた時に出会ったこの歌を気に入

り、日本に持ち帰って自ら日本語の詞をつけて、舞台の主題歌として使ったのだそうです。

そこで純粋な疑問…なぜその時に『スミレ』になったのか・・・?

それは、当時はまだリラ(ライラック)が日本人にはあまりなじみがなかったから…だそう♪

OLYMPUS PEN Lite   NO.1 668.JPG

写真は我家のスミレ❀

花色は白に刷毛で引いたような菫色のラインが数本…

1つひとつの花はひっそりと奥ゆかしいのですが、これだけ一斉に咲いてくれると存在感

ありますよね

我家でのスミレの咲く季節は、踏みつけてしまわないようにと、足元に細心の注意をはらう

頃でもあります❀❀


Featured Posts
Recent Posts