『待つ』ということ

さて、あなたは日々の生活の中で、 『 待つ 』 という事をしていますか

「もちろんついこの間も、2時間ならんであのパンケーキ食べてきたばっかりだし~~

という方もいますかね・・・。

人気のレストランやディズニーリゾートのアトラクションなどに出来るながーい列!!

じっと並んで待つ人…ひと…人…。

並んで待つという事、それでますます期待値が上がり、達成感も得られるのかな^^!

その時間も楽しめるんだったら、それはそれでいいと思いますよ~

1行列.jpg

では、こんな場面ではいかがですか?

あなたのお子さんが目の前で転んだとしたら…?

「もちろん、一目散に駆け寄って助け起こしま~す」 ですか…

この転ぶという事を比喩的にとって、『 失敗 』 だとしたらどうでしょう…?

可愛い我が子の為と、あれやこれやと手をつくして、その失敗をリカバリーしてあげたり、

2度と失敗のないようにと、『 転ばぬ先の杖 』 を大盤振る舞いですか

実はかくいう私も、かつてはこんなことをしていました・・・^^;

しかも、母親たる者かくあるべき!! と確信して・・・。

でもこれってどうなんでしょうか?

子どもが自分の足で立ち上がるチャンスを、自分で考えて行動するチャンスを、

そこから多くのことを学べるチャンスを、つぶしてしまっていることになりませんか?

猫親子.jpg

“ この子ならきっと大丈夫、自分の力で立ち上がれるし、歩いていけるはずだ!”

と信じて見守り 『 待つ 』 ということ。

子どもの成長と自立を願うなら、これが大切。

でも、これって、かなりストレスがかかることなんですよね…

だからついそのストレスに耐えきれず、手や口を出したくなってしまう…

これは親子関係に限ったことではありませんね。

たとえば、職場などで新人を育てるときにも、同じことがいえるでしょう。

だから、思わず手や口を出したくなる場面に出会ったら…ちょっと待って

「それはいったい誰の為なの?」 って自分に問いかけてみましょう

本当に相手の成長と自立を願うなら、そこはぐっとこらえて…

信じて見守り 『 待つ 』 !! …!

1巣立ち.jpg


Featured Posts
Recent Posts