心を癒すお花について

四季のある国に暮らしていると、季節ごとに、その姿かたちや色、香りで、私たちを楽しませ、元気

づけ、癒してくれる草花たちとの出会いに恵まれます。

これは、そんな草花をこよなく愛する私がお届けするメッセージです。

美しき立ち姿の花 芍薬(シャクヤク)

ゴールデンウィークが終わるころ、すらりと伸びた茎先に咲き始めるシャクヤクの花

『 花の王 』 と言われ、重厚で豪華な花を咲かす牡丹とよく似ていますが、『 花の宰相 』 と言わ

れるシャクヤクは、それより少し小ぶりで端麗、楚々として若々しい印象を受けます

学名のPaeonia(パエオニア)は、ギリシャ神話の医の神 『 Paeon(ペオン) 』 に由来していますが、

シャクヤクの根は、万能薬として漢方薬の中でもとても大切な植物のひとつで、特に女性には強い

味方になるものとされています。

また、繊細な花びらが幾重にも重なるふわふわの花からは、バラにグリーンが混ざったような、甘く

て爽やかな香りが漂ってきて、なんとも幸せな気分になります

002.JPG

さて、シャクヤクと言えばこの言葉…

〝立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花〟…。

女性の美しさや、美しい立ち居振る舞いを形容するものとして伝えられています。

これは江戸時代に生まれた言葉とか…立ち姿、座る姿は良しとして、胸を張って颯爽と歩く現代

女性には、百合の形容は…でしょうか…^^!

この3つの花は、まず最初に牡丹が花を咲かせ、それが散る頃にはシャクヤクが花開き、

そしてまもなく百合が…とバトンを渡すように咲き、季節の移り変わりを告げてくれます

さて、シャクヤクは、夕方になると咲いていた花びらをそっと閉じます。

そんな様子から、『 はじらい 』 『 はにかみ 』 という花言葉が生まれたようです。

他にも、『 清浄 』 『 威厳 』 『 生まれながらの素質 』 などという花言葉もあるようですよ

003.JPG

かの小野小町もこの花を愛したと言われています。

そして、私の母もこの花が大好きでした。

どちらかというと小花が好きだったように思いますが、シャクヤクは別格でした

明日は母の日…。

母が亡くなってもう7年になるんだなぁ…なんて、ちょっとセンチメンタルな気分ですが、

そう、このシャクヤクを一枝お供えしてましょうそして心からの感謝を伝えましょう…


Featured Posts
Recent Posts