心を癒すお花について

四季のある国に暮らしていると、季節ごとに、その姿かたちや色、香りで、私たちを楽しませ、元気

づけ、癒してくれる草花たちとの出会いに恵まれます。

これは、そんな草花をこよなく愛する私がお届けするメッセージです。

清らかさと聖性の象徴  蓮(ハス)

梅雨も終わりが近づいた今頃のほうが、雨の降る日が増えてくるようです。

道路にも大きな水たまりができ、雨粒が描くまん丸の波紋が幾重にも重なる様を見ていると、

私はこの花のことを思い出します・・・。

『 蓮は泥より出でて泥に染まらず 』 という中国のことわざのように、蓮は泥水に咲く清らかで

美しい花です。 しかもその花は、泥水が濃ければ濃いほど大輪になると言われています。

蓮の肥大化した地下茎が、蓮根(レンコン)ですね。 サクサクとした、あるいはモッチリとした

食感を楽しむ冬野菜ですが、アレルギー症状を抑えたり、若々しい肌を保つなどの成分が

豊富です。 

我家では、きんぴらや天ぷらなどでよくいただきますが、穴の開いたその姿から〝 将来の

見通しがきく 〟という意味の縁起物として、お正月のおせちやお祝いごとの席にも欠かせ

ない食材です !

a1766c0b9a345f15b541272681d4519b_s.jpg

仏教では、蓮の花は仏さまの智慧や慈悲の象徴とされています。

多くの仏典に〝 蓮華(レンゲ) 〟の名で登場しますし、仏像の台座が蓮の花の姿になって

いるのもよくみかけるのではないでしょうか。

そう、中華料理店などで使われる陶器のスプーン〝 散蓮華(チリレンゲ) 〟は、蓮の花の

散った花びらに見立ててそう呼ばれているのですよ。

7a2f675a4555886f76d0d3b226be59b5_s.jpg

さて、この蓮とよく似ているのがクロード・モネの名画で有名な睡蓮ですね。

水面から葉と花を高く伸ばして咲く蓮に対し、水面に浮かぶように咲く睡蓮…。

開花から4日目に花を散らす蓮に対し、花が閉じたまま水中に没していく睡蓮…。

よく見ると、だいぶ違うところがあるようですね。

睡蓮.jpg

水辺に咲く花には、雨もよく似合います。 雨粒が蓮池に描く丸い波紋と、蓮の花の饗宴を

楽しむ…。 この季節ならではの風情ではないでしょうか。


Featured Posts
Recent Posts
No tags yet.
Search By Tags