心を癒すお花の話

四季のある国に暮らしていると、季節ごとに、その姿かたちや色、香りで、私たちを楽しませ、元気

づけ、癒してくれる草花たちとの出会いに恵まれます。

これは、そんな草花をこよなく愛する私がお届けするメッセージです。

ミニーマウスの庭を飾る花 ペチュニア

夏の花壇を色とりどりに彩る、ナス科ペチュニア属の花〝ペチュニア(Petunia)〟の名は、原産地

ブラジルの先住民の言葉で、タバコを意味する〝Petum〟 に由来するそうです。

「あなたと一緒なら心が和らぐ」  「心のやすらぎ」 という花言葉も、最近は何かと肩身の狭い

愛煙家にとっては、大きくうなずくところなのでしょうか。

日本には、江戸時代に渡来し、その姿がアサガオに似ていたことから、『ツクバネアサガオ』と

呼ばれました。 しかし、多湿な日本の気候に合わず、あまり人気が出なかったそうです。

しかし近年、サントリーが日本で育てやすいように品種改良をしたことで人気が高まり、今では、

500以上もの品種があるそうです。

さて、私には、ペチュニアの花といえば思い出すものがあります。 それは、娘達が小さかった

時に、何度となく繰り返し観た 『 ミッキーのつむじ風 』 というディズニーの短編映画です。

「 ペチュニアの花を踏みつけないでよ~! 」 と、ミニーがハンカチを振りながらミッキーに言

うセリフ… 娘達もよくまねをしていたものです^^!

そういえば、当時はまだビデオカセットテープでしたよ・・・。

そして、ペチュニアの花が品種改良され、夏に人気の花になったのもこの頃からだったよう

ですね。

時代は急速に移り変わり、ちょっと前の普通は、あっという間に時代遅れになっていきます。

そのテンポについていけず、戸惑う事も多い私ですが、そこには、ただの夢物語を実現して

きた、人間のあくなき挑戦が積み重なっているのだなぁ…と、ペチュニアを眺めながら、そんな

事を思いました。


Featured Posts
Recent Posts
No tags yet.
Search By Tags

© 2015

心理カウンセラー永倉知佳(ながくらともか)による子育てママのためのセラピー&カウンセリング・魔法の質問講座

神奈川県・湘南・鎌倉・藤沢・茅ケ崎・平塚・大磯・二宮・小田原