免疫機能を整えるには

さて、今日は免疫機能を整えるポイントをいくつかお伝えしていきます。

それはずばり〝 健康に悪影響を与える習慣を断つ 〟ということです。

その第1は、そう、食事に関してです。たとえば、脂肪分や糖分、塩分の取りすぎを

見直すこと。そしてその上で『 よい食事 』を心がけましょう。

では、よい食事ってどんなものなのでしょうか? それには、味や栄養バランスに

加えて、美味しそう!という見た目もとても大切です。 カラフルな食材などで脳を

喜ばせると、免疫細胞にいい影響を与えることが出来ます。

また、夕食は就寝3時間前までに食べ終わるようにしましょう。 と言いながらも、

職業柄夕食が遅くなる日の多い私…。実際はなかなか難しいのですが …。

免疫細胞は、ノンレム睡眠(深い眠り)の時に盛んに作られます。なので、消化活動

で質の良い睡眠を妨げないように食事時間の配慮をしましょう!と言われるのです。

そして、次は運動不足の解消です。 便利になりすぎた世の中、自分が身体を動かさ

なくても、手足を使わなくても移動が出来たり、家事ができたり 、色々いろいろ …。

でも、免疫機能の活性化には、ウォーキングや水泳など無理のない適度な運動が不可

欠です。 日常生活で歩くことを意識したり、エスカレーターに頼らず、階段を使ったりす

るだけでも十分に効果があります。

身体中にはリめぐらされた免疫システムが働くのは、血液中に免疫細胞があるからです。

適度な運動で血液循環を促して、全身にくまなく行き渡らせる環境を作りましょう。

人間の免疫力は12~40歳ごろにピークを迎え、残念なことに、50歳ごろからは免疫細胞

の質が落ち始めます。 なので、40代までは免疫機能のバランスを整えること、50代から

はこれにプラスして、免疫力の維持を意識していくことが大切になります。

その為には、まずは〝 腸内環境を整える 〟ことです。 腸管には、免疫細胞の約7割もが

集中しているので、腸内細菌のバランスを改善する微生物を含んだ食品、つまり、プロバイ

オティクス食品を積極的に摂ると効果的なのです。 その代表的なものが乳酸菌を含んだ

食品、たとえばヨーグルトキムチ、味噌、ぬか漬けなどの発酵食品です。

また〝 基礎代謝と体温を上げていく 〟こと、そう、少なくとも維持していくことが重要です。

基礎代謝を上げるには、筋肉をつけることが大事です。 筋肉の7割は下半身に集中してい

ますから、早歩きやスクワットなどは効果的かもしれませんね。

基礎代謝が上がれば体温も上がります。すると免疫細胞が活発に働きやすい体内環境に

なるのです。

あれやこれやと免疫機能を整えたり、維持していくポイントをお伝えしてきましたが、 「 はいはい、それは理想ですよ …。 でもね …。」と思った方も少なくないですかね …。 次回は、心理カウンセラーとして、そんなあなたにこそ是非お伝えしたいことを、心を

こめてお送りしますね^^!


Featured Posts
Recent Posts
No tags yet.
Search By Tags

© 2015

心理カウンセラー永倉知佳(ながくらともか)による子育てママのためのセラピー&カウンセリング・魔法の質問講座

神奈川県・湘南・鎌倉・藤沢・茅ケ崎・平塚・大磯・二宮・小田原