〝心を健康に保つ〟ということ その3

現代はストレス社会といわれています。 私たちは、日々その中で生きているのですから、 それで心が疲れを感じ、エネルギーが落ちてしまうことは誰にでも起こりうることなのです。 そして、そんな時には、気分が落ち込むだけでなく、身体や言動にも、さまざまな不調が

現れるものです。 その代表的なものとしては、不眠などの睡眠障害、食欲の低下、関心や意欲の低下、動悸

やめまい、激しい頭痛、生活が不規則になる、忘れっぽい、だるい、イライラなどの不快感 …

などです。

自分や周りの人たちの、こんな様子に気付いたら、その不調が重症化・慢性化しないように 出来るだけ早く対処してあげることが大切なのです。 では、そんな時にできるケアには、どのようなものがあるのでしょうか。次回はそんなことをお

伝えしていきたいと思います。


Featured Posts
Recent Posts