〝心を健康にたもつ〟ということ その11

さて、今日は、〝心を健康にたもつ〟ということについての第11回目。 様々な不調のもとである、

交感神経の優位を引きおこす〝ストレス〟とはどんなものなのかということをお伝えしていきたいと

思います。 〝ストレス〟と聞いて一番初めに思い浮かぶのはいわゆる精神的なストレスのことでしょう。 社会

の中で、その一員として生きている私たちには、本能の欲求、ホンネを、理性で抑え込む場面が少

なからずあるものです。 この時に本能を司る脳と理性を司る脳の間に生まれる摩擦のことを、スト

レスと呼んでいるのです。 人間関係などで基本的に『 嫌だな…。』と思う事や、多くのことを完璧にこなそうとしたりすること、

『~ねばならぬ』 『~べき』 思考によって感じることが多いのではないでしょうか。

あと、環境の変化もこれにあたります。 『近親者との死別』 『転職』 『転居』 『個人的な習慣の

変更』 『経済状態の変化』 『ケガや病気』 などはもちろんですが、『結婚』 『昇進』 『社会的な

成功』 などという、一般的にみれば、喜びにみちたことも〝変化〟に変わりはないので、ストレスに

なるのです。

さて、それではその他にはいったいどんなことがストレスになるのでしょうか? 次回はそのあたりをお伝

えしていきたいと思います。


Featured Posts
Recent Posts
No tags yet.
Search By Tags

© 2015

心理カウンセラー永倉知佳(ながくらともか)による子育てママのためのセラピー&カウンセリング・魔法の質問講座

神奈川県・湘南・鎌倉・藤沢・茅ケ崎・平塚・大磯・二宮・小田原

ママがもっと自分を大切に出来ると家族がもっと楽しくなる

セラピー&カウンセリング