〝心を健康にたもつ〟ということ その12

さて、今日は、〝心を健康にたもつ〟ということについての第12回目。 様々な不調のもとである、

交感神経の優位を引きおこす〝ストレス〟とはどんなものなのかということの2回目をお伝えしてい

きたいと思います。 昨日お伝えした、いわゆる精神的なストレス以外にも実は〝化学的〟といえるストレスがあります。 そのトップバッターは、食品に含まれる成分です。最近の研究で、食事による血糖値のアップダウンが 〝うつ〟にもつながるストレスと言われるようになりました。

血糖値を上げる栄養素は糖質です。 それ自体は大切なエネルギー源で、特に脳細胞は、そのほと

んどの活動エネルギーを基本的に糖分に頼っています。 なので、十分な糖分の摂取は必要なので

すが、それを急激に上昇させると、大きなストレスとなるのです。

ブドウ糖を100とした時、これと比較して血糖値をどれぐらい急上昇させるか、という指標がGI値と

言われるものです。 GI値の高いものの代表といえば精製された白砂糖です。ですので、それをたっぷり使ったお菓子は

要注意ですし、白い食パンや白米、うどん、そうめんなども、同じくです。  これらを食べる時には、

先に食物繊維の豊富な食品をよく噛んで食べておいたり、たんぱく質や乳製品などのGI値の低い

食品と一緒に食べるなどの工夫をして、血糖値の急上昇をおこさないようにすることが大切です。

その他には、コーヒーなどに含まれるカフェインも、摂取の仕方によっては、心と身体のストレスとなり

ます。 カフェインは興奮作用があるので、眠気覚ましや朝一番に元気を出したいときなど、私も愛

飲していますが、過剰摂取は自律神経を狂わすストレスとなってしまいます。

その他では、食品添加物や排気ガスなども、化学的なストレスといえるものになります。 では、次回はそれ以外のストレス要因についてお伝えして参りますので、また読んでいただけたらとても

うれしいです。


Featured Posts
Recent Posts
No tags yet.
Search By Tags