心を癒す花のお話し

四季のある国に暮らしていると、季節ごとに、その姿かたちや色、香りで、私たちを楽しま

せ、元気づけ、癒してくれる草花たちとの出会いに恵まれます。

これは、そんな草花をこよなく愛する私がお届けするメッセージです。

高貴な香りに癒される 蝋梅(ロウバイ)

ロウバイは、中国中部原産の落葉低木で、日本には17世紀、江戸時代の初めに渡来しま

した。  花名は漢名がそのまま使われているのですが、その由来は、蝋細工のような光沢と

質感をもつ梅に似た花を咲かせるからだとか、陰暦12月の蝋月のころ(現在の1月頃)に咲く

梅によく似た花だから、などと言われています。

このロウバイは、〝梅〟の字を当てていますが、ロウバイ科ロウバイ属の植物で、バラ科サクラ属の梅

とはまったく種類が違うのです。

中国では、厳冬期に咲く花の代表として、ロウバイ・ツバキ・ウメ・スイセンを〝雪中四花〟と呼んで

いるそうです。 キーンとしまった空気の中、明るさを取り戻しつつある陽射しを受けて咲く花々…。

凛とした美しさをかんじるもの達ですね。

ロウバイの花言葉は 「 先導 」 「 先見 」 「 慈愛 」 「 優しい心 」 。 寒さの中、春が近づきつつ

あることを告げてくれるこの花には、どれもピッタリなものに思えます。

また、ロウバイは観賞用だけでなく、その花やつぼみから抽出した〝蝋梅油〟は、火傷・解熱・

鎮痛・咳を鎮めるという効果のある生薬でもあります。

そして、ロウバイといえば何といってもその高貴なまでの甘い香りで、その主成分からみて、鎮静

精神安定・空気清浄などの効果があります。  この芳香を胸いっぱいに吸い込むと、暖かい春の

訪れが近いことを感じ、花言葉のごとく 「 慈愛 」 が心に満ちてくるような気がします。

ちょっと恥ずかし気に、うつむき加減に咲く花姿、ほんのりと優しい黄色の花色、そして芳香…。

寒さに縮こまりがちな心に、一足早い春を告げるロウバイの花。  美しく優しい、私の大好きな

花の一つです。


Featured Posts
Recent Posts
No tags yet.
Search By Tags